きまぐれまとめスタジオ

気まぐれまとめスタジオにようこそ! ジャンルは様々ですが音楽・映画・話題のニュースなどを中心に、その他気になったネタもどんどん紹介していきます! オンエアスタンバイ!!



    (出典 ddnavi.com)


    日頃から性的絶頂が続くようでは仕事どころか日常生活ですらままならないでしょう。また病気も発見されたばかりで医療間でも認知度が低い状態では症状が症状なので診察に行くのも気が引けてしまいます。早期に原因の特定と治療法が確立されればいいのですが…。

    1 potato ★ :2020/09/02(水) 12:21:20.04

     あなたは通称“イクイク病”と呼ばれる奇病があることをご存じだろうか? 女性を対象とした持続性性喚起症候群という疾患で、2001年に米国で発見されたばかりの新しい病気だ。

     男性の中には「なんてうらやましい病気なんだ!」と喜ぶ者もいそうだが、実際にはそんな単純な話ではない。日常生活の何気ない動作でも“性的絶頂”に達してしまい、その数は多い人だと1日100回を超すという。これを自分に置き換えれば、うらやましいとは絶対に思えないはずだ。

     今回、筆者はそんな持続性性喚起症候群に悩むA子さん(30代)という女性に接触。彼女から話を聞くことができた。
    「症状を自覚したのは7~8年前のことです。ただし、人に説明できるようなものではないですし、恥ずかしさのあまり誰にも打ち明けられない日々が続いていました」

     特に地獄だったのは通勤中の満員電車。その振動からくる刺激で、会社に行くまでに強制連続絶頂を強いられていたという。しかもこれだけでは終わらない。

    「仕事中も電話の音、座っている姿勢を変えただけでイッてしまうこともあり、替えの肌着が1日何枚も必要な状態でした」

     さすがに意を決して病院で診てもらうも発症原因も不明なら治療法も確立されていない。それ以前にこの病気のことを知らない者も多かったそうで、「色情症じゃないの?」と彼女が異常的な性的欲求の持ち主のように言う医師すらいたそうだ。

    「病気は今も治っていません。おかげで仕事も長く勤めることができないのですが、今はコロナ禍の影響でリモートワークが続いており、そこはすごく助かっています」

     そう話す一方、病気のせいで諦めたモノも多い。

    「特に結婚と出産です。病気発症後も男性とお付き合いすることはあったのですが、受け入れてもらうことができなくて……。子供も欲しかったですけど、さすがに病気のことを考えると難しいなって」

     病気が病気のため、気軽に周りに相談できるような内容でもない。もし*ると、知らないだけで我々が考えている以上に同じ病気で悩んでいる女性は多いのかもしれない。

    2020年9月1日 18:00
    https://asagei.biz/excerpt/20027?all=1
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599013611/


    【【原因不明】日常生活中に性的絶頂に何回も襲われる病とは⁉】の続きを読む



    (出典 news.1242.com)


    まだまだ完全に封じ込めることができるのは当分先のようですね。今の日本でも苦しい状況が続いているがブラジルでは急増するとの予想が出ているためさらに厳しい状況になることが予想されます。いずれにせよこれは世界規模の問題であるためこんな時こそ私たちは手を取り合っていかなければならないのかもしれませんね。

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/05/27(水) 08:41:34.44

    日本のコロナ死者数、緩やかに上昇か ブラジル急増、米国に迫る―米大予測


    米ワシントン大の保健指標評価研究所(IHME)は26日、新型コロナウイルスによる日本での死者数(同日時点で874人)が
    今後緩やかに増え、8月4日までに1221人になる可能性があると予測した。

    また、感染が急速に拡大しているブラジルの死者数の見通しを12万人超に上方修正し、
    国別で最多の米国に迫ると予想した。IHMEの予測は米政府も頻繁に引用している。

    日本の医療機関の受け入れ態勢について、IHMEは「全国規模で見ると、新型コロナによる患者の需要が、
    一般病床と集中治療室(ICU)の受け入れ可能数の合計を上回ることはない」と分析。

    日本で人口当たりの感染検査件数が4月以降、大幅に増えているとも指摘した。

    ブラジルに関しては、新たにミナスジェライス州などを調査対象に追加し、
    8月上旬までの死者数を従来予測の約8万8000人から約12万6000人に上方修正。

    多くの州で新型コロナによる病床の需要が受け入れ上限を上回っており、
    「今後数週間で状況がさらに悪化する恐れがある」と警告した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052700232&g=soc


    【【新型コロナ】日本での死者数はまだ増え続ける⁉米の研究機関が予測】の続きを読む


    昌広(かみ まさひろ、1968年〈昭和43年〉10月3日 - )は、日本の医師である。博士(医学)(東京大学)。専門は血液・腫瘍内科学、真菌感染症学、メディカルネットワーク論、医療ガバナンス論。特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長。元東京大学医科学研究所特任教授(株式会社アインファーマシ
    15キロバイト (1,905 語) - 2020年5月23日 (土) 06:06



    (出典 coffeedoctors.jp)


    少なくとも緊急事態宣言により救われた命はたくさんある思います。しかしまだ改善点があるでしょう他にも拘わらず氏のように違う考えを持った人もいることでしょう。いずれにせよ第2波の危険性がある以上次なる対策は講じていってほしいですよね。

    1 Toy Soldiers ★ :2020/05/27(水) 09:34:45.22

     より手厳しい指摘をする専門家もいる。「緊急事態宣言は全く不要だった可能性がある」と話すのは、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広医師だ。

    「東京の超過死亡数を見ると、感染は2~3月にピークを迎えていた可能性があります」

     超過死亡とは、インフルエンザなどの感染症による死者数を推計するための数値だ。感染が流行していない時期の死者数をベースラインとし、流行時の死者数と比較することで感染症による死者を推計する。
    東京都の数値を見ると、今年はインフルエンザの流行が弱かったのに、2~3月にインフルエンザ大流行時並みの超過死亡が発生している。上医師はこれを、「新型コロナによる隠れた死亡としか考えられない」と指摘する。

    「超過死亡でコロナによる実際の死者を推計するのは世界のスタンダードになっています。日本では一部の地域しかこの超過死亡数が明らかになっていませんが、これを詳細に検討する必要があります」

     また、緊急事態の名のもとに一律の行動自粛を求めたのも不合理だという。

    「日本の死者の多くは院内感染と高齢者施設で発生した患者です。本来はやむを得ず制限が必要な“ネガティブ・リスト”をつくるべきなのに、今回はすべてを止めてしまった。
    必要なのはリスクの高いコミュニティーを見つけること、そして別のコミュニティーとのハブになる人を抑え込むことです」

     病院内や夜の飲食店など、感染リスクが高い場所はかなり明らかになっている。抗体検査を広く行うことでそれをさらに明確化し、そこに対して制限をかけることで事足りるはずだと指摘する。

     緊急事態宣言は必要な措置だったのか、不要だったのか。改善すべき点はあったのか。出口戦略は適切だったのか。本格的な第2派到来が懸念されるのは今秋だ。検証の時間は、ある

    https://dot.asahi.com/aera/2020052500012.html?page=2

    関連スレ
    【医療崩壊した韓国】野党推薦・上昌広「韓国の対応は、あらゆる国にとって良い手本となる」★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584161694/

    【イタリアすごい】上昌広「なぜイタリアと日本はこんなに違うのか。私は経験の差だと思う」現実→イタリアのコロナ死者数は日本の52倍★7
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583752210/

    【コロナウイルス】上昌広氏「『隠れコロナ患者』も現時点で100万人程度いたとしてもおかしくない」★2  
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583031605/

    【朗報】上昌広が激怒、ドライ*ルー検査しない厚労省に「とうとう狂ってしまいました。ここまでしてPCRをやりたくないんですね」★5
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584361828/


    【【ピークは既に】緊急事態宣言は不要だった⁉上昌広医師の見解とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ