きまぐれまとめスタジオ

気まぐれまとめスタジオにようこそ! ジャンルは様々ですが音楽・映画・話題のニュースなどを中心に、その他気になったネタもどんどん紹介していきます! オンエアスタンバイ!!



    (出典 biz-journal.jp)


    小泉今日子さんに限らず今回の黒川検事の処分について様々な意見があがりそうです。それぞれ思うところがあるようですが政府が審議の際結論出したことでしょうから私たちはそれを受け止める他ありませんね。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/05/25(月) 10:19:40.68

    女優の小泉今日子(52)が25日、ツイッターを更新。
    新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に、東京高検の黒川弘務・検事長(63)が新聞記者と賭けマージャンをした問題に言及した。

    小泉は、黒川氏の処分について、法務省は国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたものの、官邸が懲戒にはしないと結論付け、
    法務省の内規に基づく「訓告」となったことを報じた共同通信社のネット記事を自身が代表取締役を務める制作会社「株式会社明後日」の公式ツイッターに貼付。

    その上で「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」とコメント。
    続けて「#さよなら安倍総理」などとネット上で拡散しているハッシュタグツイートした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/48a706cec7ccf0c4e7720fe0b9902f11fb73812e

    【女優】<小泉今日子>文化芸術支援訴える!自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」 ★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590225106/


    【【さよなら首相】小泉今日子がTwitter上で黒川検事の処分について物申す!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    確かに各国と比較してみても日本は比較的死者数は少ないです。これに対して各国も評価してくれているので誇りに思うべきことなのかもしれません。しかしこの新型コロナウイルスで私たちは大人気有名人などかけがえのない人たちを失いました。素直に喜べないのはそういったことも経験したからかもしれませんね。

    1 チンしたモヤシ ★ :2020/05/25(月) 09:59:50.60

    イギリスでは3月の後半に外出禁止令が出てまる2ヵ月になります。一時期に比べると落ち着いてきたものの、
    いまやイギリスは死者数が3万6000人を超え、欧州最大です。

    ここ1ヵ月ほどの間、イギリスで目立ち始めたのは政府や専門家を非難する声です。

    高齢者や中年以上の人がよく見ている、民放ITVの朝のニュース番組“Good Morning Britain(GMB) ”や、
    その後に放送されるワイドショーは、コロナ以前は料理や芸能人のゴシップを緩々と流していたような番組ですが、
    最近は政府の対策を強く批判する報道が目立っています。

    これらの番組が代表するように、イギリスでは現状への不満を溜めている人がかなり増えてきました。
    一方で、最近よく目にするようになったのが、日本や韓国、台湾といったアジア諸国のコロナ対策を評価する報道です。

    3月の終わり、私は「このままでは日本もイギリスやイタリアのようになってしまう」という
    警告を含んだかなり厳しいコラムを書いたわけですが、日本は今や、先進国の中では死者数がトップクラスに少なく、
    コロナ対策では世界屈指の成功例とみなされています。

    欧米では、日本はなぜ死者数が少ないのかについて 「日本の奇跡」 という風に取り上げるようになっているほどです。

    喜ばしいことに、私のパニックじみた予測は大きく外れましたが、これは様々な制約がある中で、
    日本の皆さんが、何よりも外出を「自主的に」控え、衛生を徹底する努力をし、日本政府や日本の感染症の専門家の方々が、
    日本の国情や国民性にあった施策をとったということです。

    言うなれば、官民共同の「オールジャパンによる努力」が実った成果だといえるでしょう。
    昨年のラグビーワールドカップでは日本が大躍進しましたが、まさに「ワンフォーオール、オールフォーワン」
    (一人は皆のため、皆は一人のため)の精神と思います。日本人は、一丸となればこのような素晴らしいことを成し遂げられるのです。

    どうかみなさん、日本の人がどれだけ統制が取れているか、どれだけ地域や母国を思っているか、
    どんなに他人のことを考える思いやりのある人が多いかということを、今一度意識して、自信を持って下さい。これは本当に、誇りに思っていいことなのです。

    冒頭にも述べたように、日本の素晴らしさをいま意識しているのは、海外の人々です。

    先日、イギリスでは公共放送チャンネル4のリポーターであるCiaran Jenkinsさんが、
    自身のTwitterで日本とイギリスの死者の数を比較したところ、6.4万件「いいね!」され、話題になりました。

    日本の人口:1億2600万人
    コロナでの死者数:624人
    イギリスの人口:6600万人
    コロナでの死者数:3万1855人
    どんな見積もりだとしても、驚くべき結果だ(※データはツイート当時のもの)

    日本の人口はイギリスの2倍近いのに、死者は1000人未満です。イギリスの死者数は「公式」には3万6000人を超えている上に、
    自宅死や老人ホームでの死者の数を含めていないので、その実数は6万人を超えるとも言われています。
    正確な死者数を比較したら、日本の100倍近いかもしれないのです。

    日本は見逃されている可能性のある超過死を加えても、イギリス並にはなりませんし、
    死者数、感染者数とも、欧米とは桁が違います。Jenkinsさんの “by any estimation”(どんな見積もりだとしても)という言葉には、
    統計の手法による誤差や超過死者数を勘案したとしても驚きだ、という思いが強く現れています。

    ネットで海外の声を観察していると、イギリスだけでなく他のヨーロッパの国々やアメリカ、
    さらにアフリカや南米でも、日本の驚異的な現状が大きな注目を集めていることがよくわかります。

    「日本を褒める反応」というと、日本人には「どうせ保守派や、いわゆる『ネトウヨ』が誇張して言っているのだろう」と思う人が多いようです。
    しかし、先にも挙げた通り、これは決して虚構ではなく「人々の実際の声」なのです。

    著述家 谷本真由美
    1975年神奈川県生まれ。シラキュース大学大学院にて国際関係論および情報管理学修士を取得。
    ITベンチャー、コンサルティングファーム、国連専門機関、外資系金融会社を経て現在はロンドン在住。
    著書に『キャリアポルノは人生の無駄だ』(朝日新聞出版)、『日本人の働き方の9割がヤバい件について』(PHP研究所)など多数。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72750

    前スレ(★1のたった日時:2020/05/25(月) 09:07:40.16) [影のたけし軍団★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590365260/


    【【奇跡か否か】日本は本当に成功した?世界から見た日本のコロナ対策について】の続きを読む


    【メッセージ】甲子園中止を受け県岐阜商の鍛治監督が選手への思いを語る


    県岐商・鍛治監督「目標をしっかり持てと」一問一答 県岐商・鍛治監督「目標をしっかり持てと」一問一答
    …今回は残念ながら中止になってしまったが、部員へのメッセージは「甲子園に代わる物は甲子園しかない。はっきり選手に伝えて、新しい目標をしっかり持ちなさいと…
    (出典:野球(日刊スポーツ))



    (出典 public.potaufeu.asahi.com)


    やはり甲子園を誰よりも楽しみにしていたのは選手自身たちであり、彼らをそばで見守ってきた監督自身もショックを受けていると思います。それでも監督からのメッセージは記事を読んだ私でさえ勇気づけられる素晴らしいお言葉でした。次のステージで高校球児たちが活躍できることを期待しています。

    【【メッセージ】甲子園中止を受け県岐阜商の鍛治監督が選手への思いを語る】の続きを読む

    このページのトップヘ